◆霊感タロット占いとは

霊感タロットとは、インスピレーションで占う技法であり、スピチュアルなやり方でもある。

又高橋は、手の平でより早くキャッチし、それをタロットと融合させた占いをしているのが特徴。

タロットカード一枚一枚にはそれぞれ意味がありますが、霊的な直感を頼りにその意味をつなぎ

合わせることで、さらに信頼度が増す鑑定です。

通常のタロットよりも現在、過去、未来の多くが占えます。

霊感のある先生だからこそ、カードが示す本当の意味を知ることができます。

そもそもタロットカードとは、現代のトランプの起源となったヨーロッパ由来の遊戯カードのことです。

大アルカナと呼ばれる22枚のカードと、小アルカナと呼ばれる56枚のカードにわけられます。

元々はフランス語でカードのことを「タロット」と呼び、そのカードを用いることで、現在、過去、

未来を占うことができます。

カードに描かれた絵には1枚1枚意味があり、それぞれの絵に意味があるので、

占いの結果は無限に表われます。

この占いの発祥はいまだ不明で、エジプト、イタリア、中国、インドなど諸説あります。

22枚の大アルカナと56枚の小アルカナ。

この二つがどのように作りだされたのかも、諸説わかれるところです。

現存する最古のタロットカードは、1932年に描かれたものですが、おそらくタロットカードとその絵の

起源は古く、キリスト教の異端である「グノーシス主義」を視覚化したものではないかという説もあります。

これらのことより、特に大アルカナはヨーロッパの隠秘学思想と密接な関係があるのではないかと

想像されますが、バラモン教やゾロアスター教の呪術にも影響が数多く見られるようです。

こうしたタロットにまつわる多くの謎が、その神秘性をさらに深めていると言って良いでしょう。

タロット=タロー=トートと言われ、トートは「知識の神」の名前とされています。

そして、カードに描かれている絵にはそれぞれ意味がありますが、その絵も、

実は一つの物語になっています。

「魔術師」から啓示を受けた、ある一人の「愚者」が探求の旅に出て、多くの艱難辛苦を

乗り越えながら、やがては「世界」の真理に触れる…というものです。

先生によっては、タロットは西洋占星術と深く関わっていることから、生年月日、姓名を

重要視するケースもあります。

また霊感タロットは、通常のタロットに比べよりあなたと、占い師との相性が大切になります。

この鑑定の注意点は二つあります。一つ目は鑑定の結果、思い通りの結果が得られなかった場合は、

なぜ思い通りの結果が得られないのか、その原因がどこにあるのかを謙虚な気持ちで考えましょう。

二つ目は、同じ内容で何度、鑑定依頼されても、あなたがタロットの言葉を信じて変わらなければ、
結果は同じだということです。

結果を受け入れて、自分を見つめなおして、自分を変えていきましょう。

◆高橋あゆみ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鑑定依頼・問い合わせ

〒639-2123奈良県葛城市忍海312-1

TEL:074656-2-7385 

Mail:hemecat@ezweb.ne.jp

問い合わせ時間:10:00~18:00

タロット占い

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.