自社の業界はインターネットに向いていないと思われている方が多いのですが、

不向きと思われている業界にも有効な手段です。

インターネット活用は当たり前のようになっている現在、むしろ不向きと思われていた業界の

ほうが成果に結びつく可能性を感じます。

利用者が限定された商圏でも大いに可能性があります。

何故なら、数は少なくとも情報を求めている方は必ずいるからです。

ニッチな情報は、インターネット上でも情報の絶対量が少ない為探している方が少なくても、

情報を求めて訪問してくる可能性が高くなります。

※ニッチ市場(にっちしじょう)とは市場全体の一部を構成する特定のニーズ

(需要、客層)を持つ規模の小さい市場のこと。

 
つまり強豪となるライバルが少ないのです。
情報を求める人が多くても、発信している情報量が多ければ、なかなか

自分の情報にたどり着いてはくれません。

 
もし、自社の業界がインターネットに向いている業界ではなかったとしても、インターネットの利用者は

今なお広がりつつありますので、今後自社の業界の利用者が増えることは

あっても減ることは無いはずです。

 

今後の可能性を見据えて、取り組んだとしても無駄にはならないはずです。

 

 
I.C倶楽部事務局 
電話:075-583-3337 FAX:050-3488-2205

 
収益不動産オーナー倶楽部
京都・異業種交流会I.C倶楽部
京都不動産情報
京都中古マンション情報
インターネットビジネス活用交流会:京都・I.C倶楽部
悩み、解消ネット

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.