航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機
F35Aが同県沖の太平洋で墜落した事故で、

防衛省は11日も、操縦していた40代の男性3等空佐の捜索を続けた。

捜索には海上保安庁や米軍も加わり、24時間態勢で範囲を拡大している。

先ず操縦していた3等空佐の事が、一番であることに変わりは無いが

全ての部品を回収しなければ、重大な安全保障にも影を落とす

部品ひとつづつが、非常に気密性が高いと報道されている。

中国やロシヤなども、潜水艦で躍起になることも予想されるらしい。

続きは(産経新聞)こちら

I.C倶楽部事務局 
電話:075-583-3337 FAX:050-3488-2205

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.