野菜・安全 農薬除去剤 ナチュラル工房株式会社

bnr_product1a

ご存知でしたか?日本の野菜も農薬まみれ!?

安全と思われている日本の野菜は、実は、農薬まみれなんです。
なぜなら日本の農業法は、世界基準で見ると農薬に対して厳しくないのです。

ヨーロッパでは、使用禁止とされているネオ・ニコチノイド系(殺虫剤)の農薬も
日本では、いまだに使用されています。

農薬は、簡単に水では落とせません。

ホタテの菜美(なちゅら)で、食材を洗っていただければ農薬などを落とすことができ、
安全に食べる事ができるようになります。

ホタテの菜美(なちゅら)とは!?

洗浄三大効果『抗菌・除菌・腐敗抑制』

ホタテのなちゅらは、ホタテ貝殻由来カルシュウム、花崗岩由来ミネラル成分を、
世界初ナノ化。

野菜(食材)に付着した、農薬などを除去します。

また野菜以外にもお部屋やベット等の除菌消臭効果も期待できるのです。

6aa

ミネラルのナノ化とは?

人を含め生物は、生きる為に必要なものを取り入れようとし、
食→消化→吸収→排泄を繰り返します。

そして、消化から吸収までのメカニズムにおいて、
生物は優れたナノ化工場を生まれながらに持っていると言えます。

三大栄養素でいえば、炭水化物をブドウ糖にし、たんぱく質を
アミノ酸にし、脂肪分を脂肪酸にする等、人間の持つ酵素による
基本的な消化が代表的なものです。

これら消化された成分の共通点は「水に溶ける」ということです。

言い換えれば、水に溶けない状態・
電解質にならない状態では吸収されないということです

(食物繊維などの多糖類の中には、人間が消化酵素を持たないので、
吸収されないものがあり、それが排泄を助ける重要な役割をしているのです)。

しかし、これだけでは十分とは言えず、これら栄養素は、
陰イオンであるため、陽イオンとの結合が不可欠となります。

皆さんは「ビタミン・栄養素が吸収され、
体内で本来の働きをするためにはミネラルが不可欠である。」という話を
ご存知でしょうか。

P・S・Cl等の陰イオンの必須ミネラルもありますが、
Ca・Mg・Fe・Zn等は水に溶けにくく、
ほとんどが粒子でのみ存在する金属です。

しかも今日、人間が摂取してきた野菜など植物もミネラル不足となっています。

これらカルシウムに代表される2価のミネラルは消化酵素がないため、
牛乳や小魚の骨など、成分的には多くのものを含んでいたとしても、
腸内発酵などにより、ごく微量しかイオンにならず、
ほとんどが排泄されているのが事実です。

その割合は10分の1以下と言われています。

「植物種子発酵 水溶性イオン化ミネラル(ナノ化ミネラルイオン)を使用し、
人間が消化と吸収のメカニズムにおいて低い割合でしか行えていない、
ビタミンや栄養素と2価以上のミネラルイオンを結合して製品化することにより、
その吸収性や持続性を向上させています。

「吸収」とは胃や腸に入ることではなく、腸の細胞を通過して血液に入ることをいいます。

その細胞にある、水やミネラル、栄養素等を通過させる穴をイオンチャネルといい、
その大きさは、0.7nm(ナノメートル)なのです。つまり、吸収するということは、
このイオンチャネルを通過するということであり、0.7nm以上の大きさでは、
物理的に不可能であるといえます。

前述のミネラルイオンの大きさは、0.2~0.5nmであり、
この状態になって初めて物理的にも吸収が可能なのです。

このナノメートルという単位が、10億分の1メートルであり、
1億分の1~10億分の1メートルの世界で行われる技術がナノテクノロジーと呼ばれています。

イオン化するという事は、水に溶けた状態をいいますが、
その物質の持つ最小の単位にする事でもあります。

したがって、吸収を実現実現させるという事は、
ナノ以下の域に達する=50億分の1メートルの域を見る事なのです。

ナノテクノロジーを追及して製造しているのではなく、
「吸収」を追及したとき、それがナノ以下の世界であり、その技術が必要だったのです。

img_ceo

“多くの方々に、日々健康で安心、快適な生活を提供するため、”
現代社会の様々な問題に積極的に取り組み商品開発しております

現代、食の問題や環境汚染、化学物質による影響などを背景に、
社会環境はめまぐるしく発展・変化し続け、食の安全性への関心、
環境問題への意識、健康志向などが著しく高まっています。

私達はより多くの方々に、日々健康で安心、快適な生活を提供するため、
現代社会の様々な問題に積極的に取り組み商品開発しております。

中でも 癌や奇病などの原因ともされている日本の農業法、農薬使用の
制限など世界的にみても取り扱いに対して厳しくありません。

そう言った現状の中で、食の安全と題し 農薬の除去方法として、
ホタテの菜美(なちゅら)の製造販売に乗り出しました。

そして根本となる 野菜や食材に対して日本の自給率を高める為に、
天然100%のイオンカルシウムミネラル肥料を開発しました。

日本の農業に携わる方々により品質 生産性を高め安定供給を
維持して頂きたく思っております。

未来ある子供達に安心・安全と健康を手助けし、

将来の日本の自給率を高める為に今後も努力していく所存です。

企業名ナチュラル工房株式会社
代表者名川村 真由美
住所大阪市中央区内本町2丁目4-16
オフィスポート内本町6F
資本金990万円
電話番号06-6945-7288FAX番号06-6809-7728
メールアドレスinfo@naturalkobo.netア
クセス地下鉄谷町線・中央線[谷町四丁目]駅より徒歩6分


地下鉄御堂筋線・中央線[堺筋本町]駅より徒歩5分