収益不動産オーナー倶楽部

サラリーある内に、収益不動産を所有しませんか、京都・I.C倶楽部は真剣取り組んでおります。

年金問題が、表面化している現在年金の変わりに収益不動産を取得し資産形成に成功されている方が

続出しています、背景に金融機関の収益還元法という融資制度活用があります。

住宅ローンの場合、年収の3倍程度の限度額がありますが、収益還元法の根拠はその収益不動産が

生み出す収益によって算出されるため、事業経営者の方と比べサラリーが安定している方のほうが

融資を受けやすいという現実があり、サラリーマン生活を送りながら収益不動産を何棟も所有され
とても安定した生活を手に入れておられる方が増え続けています。

当京都・I.C倶楽部では、収益不動産オーナー倶楽部を立ち上げました。

成婚率の低下の原因になる収入問題、いかなる企業にお勤めの方でも現在は安定収入を得続ける事は

不安が大きいため、男性は女性に近づきにくくなり、女性は安定収入を求める傾向が強くなり、結果的に
結婚を躊躇される方が多いのではないかと考え、サラリーがあるうちに一歩踏み出していただく

きっかけになればと願い収益不動産オーナー倶楽部を立ち上げました、皆様の参加を歓迎致します。

収益不動産オーナー倶楽部

金融商品の金利低迷や年金不安の時代にあって、ご自身とご家族の将来をより
豊かにするための効率的な資産運用の手段として注目を集めており、
20~30代でマンション経営を始められるサラリーマンや公務員の方が非常に増えています。

景気に左右されない(不況に強い)安定事業です
アパート経営で得られる家賃収入は、金利の変動で目減りする預貯金や
リスクの大きい株などに比べ、安定した収入源です。高齢者社会が進む中、
アパート経営は老後の生活設計を確かなものとします。

マンション経営とは『マンション経営とは?』
マンション経営とは、マンションを購入してそれを第三者に賃貸する事に
よって毎月安定した家賃収入を得ていく事です。

ほとんどの方が住宅ローンを活用してマンション経営を始められますが、
月々のローンの返済は家賃収入でほぼまかなえますので、
 わずかな資金で手軽に始める事ができます。

老後の生活設計を目的とした事業計画を立てる必要があります

安定した収入が継続して得られる

景気に左右されない

第3の年金”と呼ぶにふさわしいメリット

年金対策としてマンション経営することにより、老後は
安定した家賃収入を得ることが個人年金につながるわけです

土地活用は、まず必要な収入が確保できる小規模なものから始め、
その後、生活設計や資産状況などに合わせ事業を拡大する

得られる家賃収入は生活設計において大きな拠り所となります

老後の生活設計を目的とした事業計画
次のような場合は、老後の生活設計を目的とした事業計画を立てる必要があります。

年金だけでは不足する老後の生活資金を確保したい
家賃収入で、ゆとりある豊かな老後を迎えたい

アパート・賃貸マンション経営は、「安定した収入が継続して得られる」、
「景気に左右されない」など“第3の年金”と呼ぶにふさわしいメリットがあり、
老後のさまざまな不安を解消することができます。

土地活用による老後の生活設計
安定した収入が継続して得られます。

アパート・賃貸マンション経営の特徴は、安定した収入が継続して得られることにあります。

万が一、ご主人が先にお亡くなりになった場合(男女の平均寿命差は約6歳)でも、
相続したアパートは、残された奥様にとって有力な収入源となり、安心して暮らすことができます。

収益不動産オーナー倶楽部 隔週発行予定

メルマガ購読・解除